2017年10月30日月曜日

「勝ち虫」大注目!

テレビドラマ「陸王」に、勝ち虫(トンボ)がクローズアップされていますが、その「勝ち虫」をデザインした 淺間神社の「勝虫守」が注目されています。

「勝ち虫」(トンボ)の如く、不退転の決意を持って、前に進む方々を神様が守り、後押しをしてくださるのがこのお守りです。

同時に、富士山の麓、西桂町で織られた傘生地を京都でお守りに縫製しました。耐水性のあるお守りです。

毎年、宮司が奉仕しているアーティスト達のコンサートツアー安全祈願の折に、何組かのアーティストとツアースタッフに授与し、身につけているのもこのお守りです。

どうぞ、お力を頂けるよう、ご参拝においでの際は、お受けください!





2017年10月20日金曜日

着物ボランティア。今年もやります!

10月の声を聞いてから、一気に七五三の参拝の方が増えてきました。

昨年、参拝者の方から大変好評だった、七五三のお子様、お母様の着物の着付けを、(ちょっと)お直しする、着物ボランティアの小林美智子先生(笛吹市八代町で着物着付け教室を主宰)が今年も、境内でご奉仕頂けます。

境内の仮設テントの中ですので、本格的な着付けとは行きませんが、崩れた着付けを、ご祈願を待つ間に、ちょっと直して下さいます。

ご奉仕ただける日は
1028日(土/大安)、113日(祝/大安)、1112日(日/友引)、1115日(水/大安)です。
時間は午前10時から午後3時まで。どうぞ一声お掛けください!

*新聞で告知した10月22日は台風の接近のため、中止となりました。


写真は昨年の着物ボランティアの様子

2017年9月17日日曜日

七五三詣のご祈願、始まっています!

 七五三には淺間神社にお参りして、お子様の健やかなご成長と幸福をお祈りします。 
 お参りの年齢は、最近は満年齢のお子さんがほとんどですが、それぞれのお考えでお越しください。

  浅間神社では、七五三詣のご祈願を5000円(お一人)から受付けています。最近は10000円の初穂料の方も多くなってきました。
 予約はいりません。 毎日朝9時から夕方5時まで受付けていますが、あたたかい日中にどうぞお参り下さい。

  ご祈願の方には、お札お守り、記念品、千歳飴を差し上げます。(写真と一部違う場合がございます。)

 七五三詣は三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児が神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式です。 古くは三歳の「髪置」(それまで剃っていた髪を伸ばし始める)、五歳の袴着(初めて袴を着ける)、七歳の「帯解」(小袖に縫付けられていた紐を取り、初めて帯を締める)という習俗がありましたが、これらは公家や武家という、ごく限られた階層の間で行われていたものでした。 

2017年7月25日火曜日

田んぼの稲は順調に大きくなっています!

6月に御田植え祭をした、浅間神社の小さな小さな斎田。

猛暑の中でも、元気に大きくなっています。
各地の異常気象で、水田の被害も大きいようですが、ここ甲斐國は
日本一の暑さの中でも、元気に育っています。

秋の実りが楽しみです。



2017年7月17日月曜日

人形神楽 1回目終了!次は18時 最終回!

伊那谷から初登場!人形神楽 百鬼ゆめひなさん 第一回目終了しました。
2回目(最終公演)は、午後6時からになります。
幽玄な神楽をお楽しみに!



今日17日 人形創作神楽「風」上演!

桃まつりの最終日。信州伊那谷から 人形創作神楽が初登場!
百鬼ゆめひなさんの 幽玄な舞台をお楽しみください。

公演は14時と18時の2回!拝殿横特設ステージで行われます。
観覧は無料になっています!どうぞお出でください!

桃まつり最終日!猿回しも元気に登場!

桃まつり 最終日です。今日も朝10時から夜9時頃まで境内には16店舗がひしめき合い 賑やかな浅間神社です。
桃まつり 厄除け祈願も受け付けています!どうぞお参りください!!